長期型の投資とは

 ・時間をかけて保持する投資のタイプ

長期投資とは、買いポジションもしくは売りポジションをある程度の期間保持するスタイルのことを指します。持ち続ける期間は数ヶ月から数年と投資のスタイルによって変わってきますが、少なくとも一ヶ月以上であれば長期投資のカテゴリーに入るのではないでしょうか。

ファンダメンタルズ分析で長期トレンドを見つける

長期型の投資に必要なのは長い目で相場を見据える分析力です。長期投資にはファンダメンタルズ分析が適しており、為替相場がどうして変動するのかという根本的な部分を把握するための手法です。通貨の価値はその国の経済状態そのものを映し出しています。雇用統計から見られる失業率や、経済成長率、国の政策として掲げられている金融政策など、これらが影響してレートが変化していきます。短期的に見れば常に動いているように見えますが、長期的に見ると一定のトレンドに傾いているものなのです。そしてこの長期的なトレンドを把握するために使われるのがファンダメンタルズ分析です。

長期投資のメリットといえばスワップポイントです。ポジションを長く持てば持つほどスワップポイントが日々貯まっていく仕組みですから、金利の高い通貨と低い通貨の組み合わせでポジションを持てば、日々利益を重ねていくことができます。もちろん為替の変動などで損失が出たりすることも考えられますが、スワップポイントが大きくなるような通貨ペアならばリスクを軽くすることも可能です。

刻一刻と変化している相場ではありますが、小さな動きには動じないという心づもりで落ち着いて取り組めば長期投資を成功させることができます。デイトレードのように小さな変化に一喜一憂、あれこれと悩まされないですむという点も長期投資のメリットです。

・スイングトレードは数日から数週間

スイングトレードとは、ポジションの保有期間が数日から数週間といった期間で行う取引です。デイトレードはよりも長め、長期投資よりも短めといったところです。

スイングトレードは、デイトレードのように為替差益狙いで利益をあげていく取引がメインです。相場の動き方が上下に変化する(スイング)様相を利用して行う取引です。スワップポイントではなく為替差益狙いなら、通貨ペアの組み合わせ方やポジションの持ち方などが工夫できるので選択の幅が広がります。

長期投資だと一度レートが下がってしまったら、そのレートが戻るまで待たなければなりませんが、スイングトレードは数日から数週間の期間のみですからそういったことはしません。損切りをきちっと設定しておくことが必要にります。

デイトレードのように一日中画面にはりついて・・・ということはできないし、数ヶ月から数年の長期投資のような時間をかけるのも苦手、という方には中期的な取引としてチャートを分析しながら行えるスイングトレードがお勧めです。